海流の中の島々 ――Web小説の広大な海で

WEB小説エッセイ
静かな島が好きな人だってたくさんいますよね

■ Web小説サイトにも、「普通の小説」の佳作はたくさんあるんだよ。と前回言いましたが

 さて、前回も書いた通り、ライトノベルが大半を占めるWeb小説サイトの中にも、平均的な「小説好き」の皆さんが楽しんで読めるものはたくさんあると思います。

 しかし、いきなり「なろう」「カクヨム」のトップページにアクセスしたところで、そのような作品にいきなり出会える確率はやはり低いと言わざるを得ないでしょう。

 例えば、今適当に某サイトにアクセスして、「注目の作品」トップに並んでいる作品タイトルとキャッチコピーから特徴的なキーワードを順番に抜き出してみると「ハーレム生活」「ギャルゲー」「推し」「女神力」「お嬢様」「しっぽ」「転生」「異世界」……。

 分かりやすいものが実にうまいこと並んでくれました(「しっぽ」が異色ですが異世界ファンタジーでした)。見事なまでに非・一般小説がそろっています。カクヨムコンのランキングを観察した時と一緒です。
 これを見て、いつもは河出書房文庫(いやどこの出版社でもいいんですが)を愛読している小説好きの人が、Web小説の世界に足を踏み入れて、一つどれかを読んでみようと思う可能性は低いと言わざるを得ないでしょう。

 ■ 「本屋さんにあるような小説」を探してみようとする試み

 実際に見ていただくと分かりますが、そもそもタイトルなのか紹介文なのかよくわからないような、ものすごく長いタイトルの作品ばかりなのは、ラノベの現在の流行が「長文タイトル」だからで、タイトルを見ただけで内容がすぐに分かるようなものが好まれるからです。
 試しに「なろう」のほうも見てきましたが、こっちも当然まあ一緒です。わざわざ列挙するのはやめました。

 さて、僕は別にここで、ラノベをけなそうと思っているわけではありません。
 当初は馴染みのなかったラノベというジャンルでしたが、長らくこのWeb小説界隈にいて、ジャンルがどうであろうと面白い作品は面白いのだ、という当たり前のことを再認識しましたし、元々が初期のパソコンゲームマニアでサブカルとも親和性がある(時代は古いけどね……)ので、楽しんで読める作品に出合えることも多いです。

「普通の小説好き」の皆さんに向けて、作品を紹介できないかとも思いますが、ある程度そのような作品を検索するノウハウもある(長年の蓄積があるので)とはいえ、特に推薦できる作品を見つけて、紹介文を書くとなると、こりゃかなりの大仕事です。

 それでも、ちょっとずつやってみようかなと思ってはいます。
 そこで試しに、今までに★レビューコメントを付けた作品から一つご紹介して見ます。
 

 ■ 「普通の小説」を紹介してみるテスト 

 それでは以下に、昔「カクヨム」で★レビューコメント(作品への評価としては、これが付くのが最上と考えてよい)を付けた短編を、一作紹介させていただきます。

 ちなみに、この書き手さんは、文学寄りのものをずっと書き続けておられる、非常に実力のある方です。

[タイトル:焼べる青春/ 作者:真花さま]
焼べる青春(真花) - カクヨム
俺の価値は俺の中にある。俺の中にしかない。
(以下、天野による★レビュー) 「悲惨な状況の中にも、ユーモアあり。救いのある作品」  悲惨な状況の中にもユーモアがあり、未来につながるような終わり方にも力強さのある、救いが感じられる作品でした。  ここまでの状況ではないですが、色々うまく行かずに悩むことのある日々の中、読んでいて励まされました。どこに自分の価値を置くか、なかなか答えは出ないのですけども。 「俺の価値は俺の中にある。俺の中にしかない。」このキャッチコピーみたいに、言い切ってみたいですね。 なお、主人公が過酷な状況を知らされる中でパニックになる部分のギャグが、大変面白かったです。これは実際に読んでいただきたいと思います。

トップページに戻る 

コメント

タイトルとURLをコピーしました